スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポン・ジュノ監督の映画、『殺人の追憶』を観たよ

雑記

ボン・ジュノ監督の映画は、『パラサイト 半地下の家族』『母なる証明』もそうだが、本当に重苦しく、暗い。

今回は、BS12で観た。
実際にあった殺人事件とのことだ。
なので、『殺人の追憶』ももちろん重い。

日本の映画で言えば、横溝正史、そして、昔、夜中に放送されていたATGの映画かな。

映画の重ぐるしさも好きだけれど、まずソン・ガンホが良いね。

冗談なのかなと思う捜査を真顔でする。
当時の警察は、田舎では、それが一般的だったのだろうか。

真顔で何かを行うけれど、その裏に何か得体の知れなさを感じてしまう。
そのような感じが、次は何をするのだろうに繋がるのかな。
ソン・ガンホは、怖いおじさん役が本当に似合う。
日本の俳優で言えば、白竜ピエール瀧だろうか。
ロバートの秋山が演じる男にも見える。

ソン・ガンホについては、まだまだ観ていない作品が多い。
スター俳優とのことなので、怖いおじさん役だけではないはずだ。
けれど、笑顔で笑っていても腹の底から笑っているようには見えない。
例 タクシー運転手(まだ観ていない)

着飾った美しい韓国エンターテインメントよりも、ポン・ジュノやソン・ガンホの得体の知れなさ(のように見える)が好きなのだ。

Amazon.co.jp: プライム・ビデオ: Prime Video
Amazon.co.jp: 全品無料配送(一部を除く)。当日お急ぎ便なら注文当日にお届け。コンビニ、ATM、代引きでのお支払いもOK。豊富な品揃えから毎日お安くお買い求めいただけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ざらめセンベイをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
ざらめセンベイの日常

コメント