スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めてのダーンタフの靴下

雑記

ダーンタフの靴下を購入してみた。
この靴下は、メリノウールで高品質とのこと。
そして、なんと、生涯保証!
保証の条件にあてはまれば、穴があいた場合は交換してくれるらしいよ。


私が、ダーンタフを選ぶ理由。
それは靴下を2回くらい履くと、底に穴が開くからだ。
足のタコがおかしい(泣)。
タコがスクリュー式に回転し、キリキリと布をやぶくのだと思う(あくまでもイメージです)。


靴下だけでない。1年履けば、スニーカーやパンプスも底を貫通して穴があく。
夏に穴に気づかず、なんとなく熱いなと思っているうちにタコの部分が水ぶくれになったことがある。軽い火傷だと思う。


数年前、整形外科に行ったことはある。
扁平足なのだそうだ。足裏にアーチもない。
次回はインソールを作るために足を測ると言われたけれど、仕事が忙しく行けなかった。


そこで、ダーンタフの登場。
右の外反母趾が激しく、左右の幅が違う。
私の足は、かなりの難あり物件。


履いてみたところ厚みがあり、弾力性があった。
これならば、穴が開きづらいのではと感じた。
厚みがあるから、クッションの役割をしてくれるかもしれない。

タコのスクリュー式回転も緩和されますように。
そして、靴下の穴を縫って直さなくてもよくなればいいな。

とりあえず、この1足を大事に履いてみよう。


あとからネットで調べたところ、私の歩き方は、オーバープロネーション(過剰回内,回内足)という歩き方なのだそうだ。カカト周辺が過剰に動きすぎ、足のアーチ構造を崩す。カカトが動きすぎるから、タコ部分に集中して圧がかかるのだね。

コメント