スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビックカメラで、書体(モリサワ)の契約更新(2021)

在宅ワークの必需品

グラフィックデザイナーにとって、書体は必需品。
書体なくして生活はできない。
それだけに、モリサワパスポート、フォントワークスLETSは必須なのです。

そんな契約更新での話。

2019年に在宅ワークを再開させた。
その時来た仕事はモリサワの書体だけで良い仕事だった。
早速、モリサワの書体を契約。
家電量販店を通して契約するとポイントが付くので、かなりお得になる。
けれど、その時はすぐに使う必要があり、モリサワのサイトから直接契約した。

翌月は、フォントワークスの書体が急遽必要になり、家電量販店からではなく、フォントワークスから直接契約。

2020年は家電量販店の店舗に行って、更新契約しようと思ったけれど、コロナで休業になったのでやめた。ネット契約は、間違えそうで心配だったのでモリサワのサイトで直接更新。
一方、フォントワークスはビックカメラを通して契約更新したので、ポイントを得ることができた。

2021年はモリサワもビックカメラを通して更新。
ネットでの契約は、FAXを送ったり、依頼フォームを送信する。
間違えたらキャンセルできなくなるかな〜、と少し気が重かった。(普通にしていれば、間違うことは何もないので、心配はありませんよ〜。そして何よりポイントが付くのでかなりのお得。)

これ以上は遅らせることができない更新日2週間前にビックカメラに申し込み、その1週間後にモリサワから契約更新手続きのためのメールが届いた。
まごまごしていたので、更新日に近づきつつあった。間に合うかどうかかなりドキドキしていたが、ビックカメラさん、モリサワさんはスムーズに処理してくれた。
本当に感謝している。

契約するサイトは、
(ビックカメラ モリサワ 更新)のキーワードで検索すると出てくる。
ちなみにリンクはこちら
https://www.biccamera.com/bc/c/pc/morisawa/index.jsp

5月はフォントワークスの契約更新がある。
6月はAdobeの更新。

1mmも悩むことなどないけれど、どれも間違えたら心配だなあと、ネットの契約は気が重くなる。
いや、ネット契約だけではない。開業届、青色申告の届けもずっしりと気が重かった。
届け出的なものが苦手なのだろうな。自分は。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
在宅ワークの必需品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ざらめセンベイをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
ざらめセンベイの日常

コメント